[オンライン]

11月の黄ゆずごしょう講座

  • 開催日時 11/8,17,22,29
  • 開催場所 オンライン講座
  • 参加費 3,300円(税込)

中川政七商店のフードアドバイザー 神谷よしえによるゆずごしょうキットの講座を、zoomウェビナーでのリアルタイム配信にて開催いたします。ゆずの産地、大分県宇佐市の話から、ゆすごしょうのつくり方、活用方法まで学んでいただけます。

黄色いゆずごしょうはご存知ですか?
黄色いゆずの使い方はあまりないと思われています。お吸い物の吸い口や、風味づけ、彩にはつかわれるものの、ゆずを食べるという体験はあまりないのではないでしょうか。無農薬で作られた旬のとれたばかりの黄ゆずは、本当においしいものです。その黄ゆずを活かした黄ゆずごしょうの作り方や活用方法などをご紹介します。
大分県宇佐市院内町のゆずの産地のこと、宇佐のおいしいもののこと、塩の話などもお伝えします。

<講座の流れ>
1.黄ゆずごしょうの作りかた
2.黄ゆずごしょうの活用方法
3.ゆずの話
4.塩の話
5.宇佐の話

<スケジュール>
①11/8(日) 11:00 – 12:00 「走りのゆずごしょう」
緑色が濃い9月から、だんだん黄色みを帯びて黄緑に変化し、レモンイエローのゆずになります。黄ゆずとはいえ、まだどこかにその青ゆずの名残がありさわやかな味わいのゆずごしょうになります。

②11/15(日) 14:00 – 15:00 「旬のゆずごしょう①」
黄ゆずは大分県宇佐市院内町では、11月中にすべての収穫を終えてしまいます。皆さんが12月の冬至やおせち料理でお目にかかるものは、11月中に取ったものが大半です。今まさに旬を迎えている黄ゆずの採れたてのおいしさを味わうにはこの時期が最適です。

③11/22(日) 11:00 – 12:00 「旬のゆずごしょう②」
黄ゆずの収穫も最盛期を迎えて、徐々に色あいが濃くなり、皮がしっかり厚くなっておいしさも格別になった黄ゆずをごしょうをぜひ味わっていただきたい時期です。

④11/29(日) 14:00-15:00 「名残のゆずごしょう」
黄ゆずの収穫も終盤になり、黄色からもっと色あいを濃くして次第に山吹色に変わっていくゆず。味わいにも深みが増してきます。ゆずの変化をぜひお楽しみください。

※ゆずごしょうの作り方は基本は同じですが、そのときどきで、黄ゆずや唐辛子の味わいが変わります。その時々で味わいの違うゆずごしょうを一緒に作りましょう